埼玉県  雹害(ひょう害) 雹被害の修理なら ネクスタ

サブページメイン画像

  • HOME
  • その他
  • 雹害(ひょう害) 雹被害の修理なら

雹害(ひょう害) 雹被害の修理ならお任せ下さい

 ピンクで囲んだ丸がしてあるのが、全てが雹害(ひょう害)によってできた凹み(ヘコミ)です

近年、日本では多くの自然災害が多発しています。
その中でも、雹害(ひょう被害)は、自動車などにとって、甚大な被害をもたらしています。
不運にも、ひょうによって被害にあわれてしまった自動車は、多いのではないでしょうか?

ご安心下さい! 車両保険がご利用頂けます!!
各社、損害保険会社様がご利用頂けます。
ご加入の各種保険会社様の内容によりますが、代車特約にご加入の方へは、レッカー搬送後のレンタカーも無料にてご用意する事が可能です。

実績:三井住友海上様・損害保険ジャパン日本興亜様・あいおいニッセイ同和損害保険様・東京海上日動様・日動火災様・SBI損保様・セコム損害保険様・アクサ損害保険様・イーデザイン損害保険様・AIG損害保険様・共栄火災海上保険様・ソニー損害保険様など 順不同 一部掲載

車両保険未加入の場合 実費になります
雹(ひょう)害車は、被害状況がそれぞれ違います。
現車確認した上で、最善のお見積をさせていただきます。

 雹被害(ひょう被害)の修理の方法には、二つの方法が存在します。

1つ目は、鈑金(板金)塗装という方法です。もっともポピュラーな修理の方法になります。

塗装を剥し、鉄板を叩きだしながら、成形していく昔ながらの職人手法による技術になります。
被害状況がヒドイ場合には、ボンネットなどの部品を交換して、再塗装する方法です。
天井などはルーフカット交換や、鈑金(板金)塗装などで修理を行っていきます。

 パテ入れ 成形

傷や凹みによる歪みを、パテを使って丁寧に微調整して行きます。
この作業が仕上がりに直結しているので、繊細な作業になります。

 最先端調色用カメラで塗装の色合わせをしています。

その名もまさに、彩選短(さいせんたん)の次世代型、最先端調色用カメラになります。
ひと昔前までは、ベテランの職人による色の調色を行っていました。


ベテラン職人でさえ、経年劣化による色アセなどによる調色が極めて難しいとされていました。
よって新車本来の色を再現出来ずに、塗装をしてしまう業者が後を絶たないのが現状です。

NEXTAでは、最先端調色カメラによる、人間の目をはるかに超える精度とされる特殊カメラシステムを用いて、鈑金塗装を行っております。
NEXTAでは、【何か色が違う⁈】なんて事にはなりません。他店にて仕上がりに、納得のいかない方は必見です。

 コンピューター調色シュミレーション

1.彩選短(さいせんたん)の次世代型、最先端調色用カメラで読み込んだデータを、パソコンで読み取り、データ上でシュミレーションを行います。
2.次に、カメラで読み込んだ色をパソコンで再現して、実際に調色していきます。
3.調色した塗料を、スプレーガンでテストプレートに実際に、塗装してみます。
4.再度、テストプレートに塗装した色を、カメラにて読み込み、コンピューターでシュミレーションした色と、実際に塗装した色との差を無くしていく作業を、2~3度繰り返して調色していきます。

 塗装

彩選短(さいせんたん)次世代型、調色用カメラで作成した塗料を使って本番塗装を行います。
1度作成した塗料は、コンピューターに保存されているので、次回以降は、すぐに本番塗装を行うことが可能になります。
当社では、色が違うなんて事は絶対にありません。 ご安心して鈑金塗装をご依頼ください。

 代車特約制度 ご利用頂けます

当社は、「24レンタカー西武秩父駅前店」の運営も行っております。
各種レンタカーをご用意しております。お気軽にお問合せください。

 自社所有のフルフラット ワイド ロングの積載車をご用意しております

各社レッカー特約・ロードアシスタンスに対応しております。
当社所有の、セーフティーローダー(積載車)は、特殊車両である、フルフラット構造により、車高が低い車でも、全長が長い車でも、幅の大きい車でも、大抵は積み込む事の出来る特殊車両を所有していますので、どんな車両でも、ご安心してご依頼ください。

デント・リペア

 アメリカ由来の技術 デント・リペア

近年、雹害(ひょう害)の修理に注目を浴びているのが、デントリペアによる修理です。
デントリペアは特殊なツールで修復する為、お車の外板価値が下がる事がないと、言われています。

デントリペアの基本は、凹みを裏側からデントリペアツールを使用し、特殊工具の先端を、点で押し徐々に元の形をに戻し再生して行き特殊技術になります。
デントリペアツールの先端が何処を押しているかは、特殊ライトを使用して、ボディーに反射される光を頼りに、反射景色を見て作業しています。
凹みが深くなればなるほど難しい作業になります。
塗装面に傷などある場合は、鈑金(板金)塗装をおススメ致します。 たとえデントリペアにて修理しても、塗装に傷が残っているのでは、元も子もありません。

使用する工具は無限大で、1人の職人が持つ本数は100本以上になる人もいるほどです。
その中から凹みの大きさ、深さ、場所に合わせた工具を熟練した職人が選択していきます。

 売却時の外板価値減点を受けにくい特徴がある

通常の鈑金(板金)塗装で行われる、凹みを埋める為のパテを使わず、内側から押し出して外板を整えるので、夏場の高温によっておこりやすいパネルの歪みや、経年変化などによる、パテの収縮痩せが出ない事が、近年人気の理由です。

また、塗装をする必要が無いので、純正本来の焼き付け塗装をそのままに、新車の風合いを、そのままに残すことが可能です。
もちろん、塗装もしないため、自動車査定士による外板価値減点を、受ける事がありません。

そうなると当然、修理した痕跡が残りにくいので、後々の売却に影響が出にくいとされています。

 車両保険がご利用頂けます!!

ご安心下さい! 各社お取次ぎ出来ます。
各社、損害保険会社様がご利用頂けます。
ご加入の各種保険会社様の内容によりますが、代車特約にご加入の方へは、レッカー搬送後のレンタカーも無料にてご用意する事が可能です。

当社は、「24レンタカー西武秩父駅前店」の運営も行っております。
各種レンタカーをご用意しております。お気軽にお問合せください。

実績:三井住友海上様・損害保険ジャパン日本興亜様・あいおいニッセイ同和損害保険様・東京海上日動様・日動火災様・SBI損保様・セコム損害保険様・アクサ損害保険様・イーデザイン損害保険様・AIG損害保険様・共栄火災海上保険様・ソニー損害保険様など 順不同 一部掲載

車両保険未加入の場合 実費になります
雹(ひょう)害車は、被害状況がそれぞれ違います。
現車確認した上で、最善のお見積をさせていただきます。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0494-26-6601
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

カートに
入れる
気になる